ヘヴィメタルは減速しない

購入したCDのレビュー書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[リバイバルスラッシュ]Gama Bomb/Untouchable Glory

[殿堂入]Gama Bomb/Untouchable Glory




アーティスト:Gama Bomb
アルバム:Untouchable Glory
出身:UK
ジャンル:Thrash Metal
レーベル:AFM Records
発売:2015
gama.jpg

1. Ninja Untouchables / Untouchable Glory
2. Avenge Me!
3. Drinkers, Inc.
4. My Evil Eye
5. Tuck Your T-Shirt In
6. Ride The Night
7. She Thing
8. Witching Mania
9. James Joints
10. Raging Skies
11. I Will Haunt You
12. After The Fire




北アイルランドのスラッシュメタル、Gama Bombの5th。徹頭徹尾馬鹿をやってるバンド。同じパンクとのクロスオーバースラッシュであるMunicipal Wasteとかよりもさらに突き進んで馬鹿。僕は1stだけきっちり聴いて、そこからはちょこちょこ聴く程度だったんだけど、いい意味でまったくぶれていなかった。そして近作は素晴らしい出来。ジャケットからPVから歌詞カードからふざけてるのになんでこんなかっこいいんだろ。Havokが路線変更したり、Lost Societyも次作がやや不安な中(MV一曲しか聴いてないからなんともだけど)、この安心感は強い。

1. Ninja Untouchables / Untouchable Gloryはこのジャケットを体現した曲。刻みながら適度に疾走しつつ合いの手が入ってくる。ウッ!ハッ!最高。

SOADみたいなイントロから入る2. Avenge Me!。突っかかるような早口で突っ走っていくパンク色の強い一曲。2分少々と短いのも潔い。

3. Drinkers, Inc.はちょっと暗めイントロから転調して駆け抜ける曲。ここまで押さえてたのか知らないが、リフがほんとにたまらない。メロディアスなソロパートもいい。

4. My Evil Eyeはさらにスピード重視。ちょっとメロスピ要素入ってる感じにVoも歌い方変えてる。スコスコドラムも疾走感をアシスト。

跳ねるようなリズムでダンサブルな5. Tuck Your T-Shirt In。これはライブでは頭ブンブンいけるだろうなあ。この曲もエッジ効いたリフが秀逸。

6. Ride The Nightも中毒性高い曲。リズム隊が細かく刻みつつ、やや変態的なVo。ピロピロっぽいギターソロすきでーす。序盤の爆走からいつの間にかミドルテンポになっていくの不思議。

ハードロックぽい7. She Thingはスピード上げながら高らかに歌い上げる。サビのコーラスがかっこいい。

8. Witching Maniaはややダークなメロディのスラッシュナンバー。のはずなんだけどなんか楽しい感じが出てるのがすごい。

9. James Jointsは馬鹿さを前面に出した曲。短いけどこれまたダンサブルにJamesと連呼。

10. Raging Skiesの注目はギターソロパート。ほんと王道な正統ソロって感じ。曲自体も他の曲よりまじめに突っ走ってる感じ。

11. I Will Haunt Youは暑苦しいスラッシュナンバー。ツーバスが軽快で大変よろしい。

ラストはミドルテンポから加速していく12. After The Fire。リフを強調しながら軽快に走り抜けている。


全体的によく刻みよく走りよく遊んでるアルバム。パンク要素を上手く絡めて軽快さを出してるのがすげえ好み。少なからずシリアスな曲もあったと思うけど、それすらも楽しそうに感じてしまう。

素晴らしいアルバムです。殿堂入りあげちゃう。


ハードロック・ヘヴィーメタル ブログランキングへ

Untouchable Glory

新品価格
¥1,410から
(2016/1/30 23:43時点)



スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2016/01/30(土) 23:44:38|
  2. Thrash Metal
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[メロデス]Serenity In murder/The Highest Dystopia

[名盤]Serenity In murder/The Highest Dystopia




アーティスト:Serenity In Murder
アルバム:The Highest Of Dystopia
出身:Japan
ジャンル:Symphonic Death/Melodic Death
レーベル:Spiritual Beast
発売:2015
serenity.jpg

1. Overture
2. Noticed This Is The Betrayal
3. All Behind You Are Enemies
4. Hurt Of Virtue
5. Martyr For An Age
6. Nocturnal Damned
7. Malefic Religion In Our Abyss
8. Await Me Your Oath
9. Under The Spell
10. The Highest Of Dystopia
11. The Rule



東京出身のシンフォ風味のメロデスバンドSerenity In Murderの四年ぶりの4th。
1stが絶賛されてたのは聞いてたけど、なんやかんやで聴けてなかった。ただココ最近国産メロデス盛り上がってきてるし、いっちょ聴いてみっか!的な悟空的なノリで聴いてみたのだが、これが非常によい。

なんの予備知識もなかったら、Voが女性ということには気づかないよこれ。アチエネフォロワーというわけではないけど、とても上手い。ガチムチが歌ってるのかと思った。いい意味で。

Keyでキラキラアレンジしてるけど、音としてはかっちりしたメロデスをベースにしてる。しっかりGtでメロディを追ってる感じ。
1. Overtureの大仰なインストでスタートするけど、全編通してクッサクサてわけじゃなく、3. All Behind You Are Enemiesにはブレイクダウンを導入してきたりする。

2. Noticed This Is The Betrayalは2バスとKey、かっちりしたバッキングでお送りするモダンメロデス。ドスの聴いたEmi嬢の咆哮が炸裂。

3. All Behind You Are EnemiesはキンキンとしたKeyの導入から入るややブラック風味爆走な曲。短いけどいいねえ。

4. Hurt Of Virtueはミドルテンポなイントロからスタスタと軽快に疾走するメロデス。ハードロックぽいソロも好きだけど急にフェードアウトしていくw

5. Martyr For An Ageもイントロが惹きつける。KeyとGtでやや冷たいサイバーちっくなパートから荘厳なバッキングのまま爆走。

メロパワっぽい6. Nocturnal Damnedも好き。エピックに疾走しつつドラムが2バス叩きまくってる。

7. Malefic Religion In Our Abyssもバッキングが刻みまくる。Keyがいいアレンジして抑揚を出してる。突っ走るリズム隊を抑えてスピード感をいい塩梅にしてる感じ。後半は一気に走るシンフォニック感が強いメロデス。

8. Await Me Your Oathこれが一番好きかな。ツインギターがかなーりくさい。Keyもリフに乗っかってくるから音も厚い。Kalmahを髣髴とさせる一曲。

9. Under The Spellは冷たく寂しいアレンジで疾走するシンフォ調な一曲。コーラスも含めて不気味感が漂う。変にドラムが軽快になるとこがアクセントに。

ヴィレヴァンで流れてそうなイントロからスタートする10. The Highest Of Dystopia。モダンなKeyアレンジがいいですね。モダンメタルコアぽい。

ラスト11. The Ruleは荘厳な一曲。オーケストラ調の音を纏わりつかせながらスロー/ミドルテンポで疾走する。ダイナミックなギターソロもいい。

変拍子したりメインの楽器を変えたり爆走したりスローに聞かせたり。一筋縄ではいかない感じがとってもいいです。ただ普段あんまり思ったことないけど、もっと一曲一曲長くしてもいいのでは?と思う。それくらい、もう少し聴きたいなあと思うアルバムだった。

次も期待できそうなバンドです。

ザ・ハイエスト・オヴ・ディストピア

新品価格
¥2,478から
(2016/1/26 13:23時点)



924枚収納 CD屋さんのCD/DVDラック 幅80cm インデックスプレート10枚付き (ダークブラウン D)

新品価格
¥29,300から
(2016/1/26 13:24時点)



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2016/01/26(火) 13:26:50|
  2. Melodic Death
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[良盤]極楽浄土/1UP

極楽浄土/1UP



アーティスト:極楽浄土
アルバム:1UP
出身:Japan
ジャンル:仏教Metal
レーベル:極楽浄土
発売:2015

joudo.jpg


1.ソードキャプター弁慶
2.ペリーを信じて
3.56
4.Bouz Goes Sonic
5.Haniwa For My Honey
6.M.O.D

「農民のちょっといいとこみてみたい」でおなじみの、神戸出身の仏教メタルバンド極楽浄土の解散後初となるアルバム。通算では3枚目。もうこの文章の時点でまじめにレビューしたら負けという空気が出てくる。最初の一文でまともなところ神戸出身だけじゃん。

前述の農民一揆という曲が癖になっててとりあえず買ってみたのだけど、コミックバンドとして片付けるのは惜しいくらいちゃんと音作ってやがる。Vo上手いし・・・

ハードコアよりのスラッシュぽくて曲によっちゃSlayerぽいリフとか出てくる。途中にほぼ必ずといっていいほどアツい台詞が入ってくるスタイル。最近の若手スラッシャー好きな方は聴いてみてもいいんじゃないかしら。

まじめに曲作ってふざけるという、くりいむありぺーに通じるものがあって好きです。まともにレビューなんてできないので聞いてみてください。

あと公式がシュール過ぎてくっそ笑うよ。

1UP

新品価格
¥1,166から
(2016/1/14 21:58時点)






テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2016/01/14(木) 21:59:15|
  2. 仏教Metal
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[殿堂入]Hone Your Sense/ABSOLUTE SENSES

Hone Your Sense/ABSOLUTE SENSES



アーティスト:Hone Your Sense
アルバム:Absolute Senses
出身:Japan
ジャンル:Metalcore
レーベル:Garimpeiro Records
発売:2014

Absolute Senses

1. Black Lotus
2. The Last Man Standing
3. We Aim to Be the Same
4. This Chaotic World Is Over
5. New Faith
6. Break The Silence
7. Buster
8. Rebellion
9. Ray Of Light
10. Astrominer 3000
11. Dial 666
12. No One Can Stop My Wrath

東京のメタルコアバンドHone Your Senseの1st。

個人的に2014年シーズンMVPを授けたアルバムです。メロデスの流れを汲んだメロディックメタルコア。強力なリフワーク・高低のスクリームを器用に使い分けるVo,そしてどこか昭和感を感じさせるキャッチーでフックの効きまくったアレンジと、非常に完成度の高いメタルコアです。

一度なんだったかの来阪のときにみておったまげたんだよねえ、そのかっこよさに。そのときに印象に残ってたのは2. The Last Man Standing。この曲はずるい。このメロディは一度聴いたらなかなか忘れられない中毒性。ホントかっこいい曲ですが中毒になるので気をつけるように。

そして情けないことにぼくは後から知ったのだけど、WACKEN Open Airへの出演権を争うコンテストMetal Battle Japanで優勝してるんだから、そりゃかっこいいはずだわ。

明らかにIN FLAMESやAt the Gatesとかのメロデスの影響を受けてるけどそれだけじゃないのがこのバンドのすごいとこ。1. Black Lotusとかで見せるくどくない範囲でのブレイクダウンや、ブラダリよろしくのブチ切れスクリーム。
3. We Aim to Be the SameとかはAnteriorとかAs I Lay Dyingとかのメロディックメタルコア風だし、そもそも演奏がめちゃめちゃテクニカルで引き出しが多い、千と千尋に出てくる引き出しくらい多い。

そして後半のギターのキレキレ感ね。全体的に弾きまくってるが、後半四曲くらいは泣きパートも入れて弾きまくるよ。11. Dial 666の間奏の泣きいいねえ。タイトル、515じゃないよ666だよ。もう曲の感じわかったね。

でもやっぱ聴いて欲しいのはThe Last Man Standingかなあ。これは病み付きです



全メロディックメタルコアラーは必聴の名盤だと思います。次のアルバムでここからどう進化するのかも今から楽しみですってかもう2年ほど楽しみにしてます。

ABSOLUTE SENSES

新品価格
¥1,854から
(2016/1/9 00:56時点)


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2016/01/09(土) 11:00:00|
  2. Metalcore
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[殿堂入]The Haunted/Exit Wounds

The Haunted/Exit Wounds



51X6.jpg

アーティスト:The Haunted
アルバム:Exit Wounds
出身:Sweden
ジャンル:Deathrash
レーベル:Trooper Entertainment
発売:2014





1. 317
2. CUTTING TEETH
3. MY SALVATION
4. PSYCHONAUT
5. EYE OF THE STORM
6. TREND KILLER
7. TIME(WILL NOT HEAL)
8. ALL I HAVE
9. TEMPTATION
10. MY ENEMY
11. KILL THE LIGHT
12. THIS WAR
13. INFILTRATOR
14. GHOST IN THE MACHINE
15. AS THE POISON SETS IN
16. THE MANIFESTATION
17. EYE OF THE STORM (demo)

The Haunted通産8枚目となるアルバム。結果だけいうと、デスラッシャー歓喜の快作となりました。
ココ最近のHauntedは、まる子が脱退した後はミドルテンポの曲が徐々に増え、メタルコアに近いような歩みを進めていた。もうデスラッシュと呼べる形ではなくなってきていたところに、2nd、3rd時のVoである、マルコ・アロが復帰ということで、嫌が応にも期待が高まっていたが、それを超える咆哮を見せてくれた。

1. 317のインストの後、2. CUTTING TEETHは乾いた叫びからスタートし爆走。パトリックヤンセンの変幻自在のギターリフも炸裂。そしてマルコの圧倒的な強烈なシャウトボーカル。いやはや圧巻。

続く3. MY SALVATIONはダークなバッキングからスタートし、ツーバスに乗せて疾走していく曲。メロディ無視の曲かなと思ったところにギターのメロディが入ってくるのが憎い。

ミドルテンポの曲も確かにあるが、それを含めて凶暴性がすさまじい。6. TREND KILLERもテンポこそ速くはないけども、突っかかるような咆哮によってもはやキラーチューンと化している。ちなみにこの曲にはTESTAMENTのVoがゲストで参加してるみたい。


全部かっこよくて甲乙つけがたいんだけど、前述の3曲と、ブチギれたVoの12. THIS WARが気に入りました。この曲はちょっとハードコアっぽい落とし~シンバルチンチン~ギターソロの流れが素晴らしくツボに入りました。

2.Cutting Teeth←のっけから最高。よく考えたらタイトル怖すぎだろ・・・


6.Trend killer←じつはこれを一番聴いてたりする。癖になる。


一部でボロクソ叩かれてた前作、前々作が無駄になってない感じがいいね!単純な原点回帰じゃなくて、表現の引き出しを増やして、かつてのデスラッシュを昇華できていると思う。個人的に2ndと勝負できるキャリアハイに近い作品かなと。

広島時代のトリプルスリー金本と甲子園で40本オーバー金本、キャリアハイはどっち?て聞かれたら迷うでしょ?そんな感覚です。

2014年の作品なので聴かれた人が多いと思いますが、まだの人は是非聴いてみましょう。

Exit Wounds

新品価格
¥1,076から
(2016/1/6 18:02時点)



924枚収納 CD屋さんのCD/DVDラック 幅80cm インデックスプレート10枚付き (ダークブラウン D)

新品価格
¥29,400から
(2016/1/6 18:03時点)



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2016/01/06(水) 18:12:01|
  2. Deathrash
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[良盤]System Shock/Arctic Inside

System Shock/Arctic Inside


アーティスト:System Shock
アルバム:Arctic Inside
出身:Sweden
ジャンル:Melodic Death
レーベル:Karmageddon Media
発売:2004
systemshock.jpg
1.Devilwish
2.Orbital
3.Fading Star
4.Moonlight
5.Cult Of Orion
6.Safe Inside
7.Bleed It Off
8.Arctic Circle

元HammerfallのドラマーであるGeorge Koliasにより結成されたメロデスバンドSystem Shockの1st。らしい。
元旦から○ックオフに行くというくそみてえな年初めを敢行したところ、B級感丸出しのジャケットを発見したため購入してみた。したら意外といいメロデスでたまげた。メランコリックなキーボードとエッジの利いたギター、吐き捨てるボーカルと、正にスウェーデンのメロデスである。
ところが調べてもほとんど出てこないんだよなあ。出てくるのは同名のゲームばっか。なんとかこのバンドの1stアルバムらしいと言うことはわかった。

8曲という少ない構成で、軸は間違うことなきメロデス。ただクサい!ドラムはすたこらさっさと軽快で聴きやすい。キーボードがひたすらメランコリーでギターはここぞというところで泣きのクサメロをかましてくる。

1.Devilwishはダートラっぽい疾走曲。この曲だけで、買った価値はあったと思った。
そして2.Orbital。これはいい。ミドルテンポと疾走を上手く絡めつつ、ギターソロは泣き泣き。中盤あたりからはザクザクと刻みつつ進行するのがすげえ好み。
それから6.Safe Insideもいいな。ウィスパーボイスからのスタスタ2バスにバリッとしたギターリフ。この曲も、攻めたあとのサビあたりでいったんテンポを上手い具合に落としてる。この具合が◎。

ETOSほどではない叙情派って感じ。全体的にダークなノリで進行するけど結構走るから聴きやすい。泣きメロ好きな人はかなりおススメ。
1.Devilwish

ほんと、良質のB級です。

Arctic Inside

新品価格
¥2,382から
(2016/1/4 22:12時点)






テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2016/01/04(月) 22:03:21|
  2. Melodic Death
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[良盤]Sylosis/Dormant Heart

Sylosis/Dormant Heart



アーティスト:Sylosis
アルバム:Dormant Heart
出身:UK
ジャンル:Melodic Death
レーベル:Nuclear Blast
発売:2015
Dormant Heart

1. Where The Wolves Come To Die
2. Victims And Pawns
3. Dormant Heart
4. To Build A Tomb
5. Overthrown
6. Leech
7. Servitude
8. Indoctrinated
9. Harm
10. Mercy
11. Callous Souls
12. Quiescent

UKのメロデスラッシュバンドSylosisの4th。前作は個人的になかなかツボで、若いながらも真摯にそしてストイックな姿勢がよかったです。メロデス界隈は、ある程度枚数をリリースすると「モダン化」の名の下に、シンセを入れたり打ち込みをしたりして迷走していく光景をよくみるところです。あるいは急にミドルテンポの曲を増やしたりね。

ところがこのバンドはダークちっくでオールドスクールな、かつテクニカルなメロデス/デスラッシュをお届けし続けてくれる。そういうところが好感持てるところでありました。とはいえ、もともとミドルテンポな曲は多めだったけどね。まあ、変わらないという点で好きでした。

そして今作。

うん

テクニカルな曲構成は健在で、悪くはない。いやそれどころか多分いいアルバムなんだと思う。僕の耳がカビ生えているだけで。でもなんだーこのもやもや感は。
感じたことは、前作からさらにミドルテンポの曲を多く取り揃えていること。まあ、ここに関しては爆走を期待してたわけじゃないからいいんだけど・・・

3rdにも増してだれ気味な曲が多い気が・・・3rdも5分以下の曲がほとんどなかったのだけど、それでもテクニカルなリフと変拍子で飽きずに聴けた。今回は、この曲のココ!かっこいい!ってのはたくさんあるのだけど、曲全体で好きになるものがあまりないような印象。最初から最後まで突っ走る曲がないからかも知れぬ。

やりたいことがたくさんありすぎて風呂敷広げまくってしまったのかなあ。ただ、Voの力強さは格段にアップしてる。メタルコア系のどすの効いた声はだいぶ好みです。

Gtも少し変化したかな。アチエネ賛美イメージは前作から継続するも、比べると泣きメロギターソロは減少し、存在感も少し控えめ。でも要所要所で「おらもおらも~!」ってな感じで飛び出してくる。9. Harmのギターソロはそこまで存在感抑えておいてぐいっとくるのがいいね。

その9と、キャッチーに爆走する8. Indoctrinatedが好きかな。他にも3. Dormant Heartのスラッシーなとことか10. Mercyの刻み進行とか、部分では好きなフレーズは多い。

テクニックとか曲パターンとかが多いイメージなので、はまるととんでもないモンを作り出しそうな気配はする。もう一度言うけどいいアルバムだとは思います。前作のほうが好みってだけで。かっこいいリフはほんとに多いし、ダーク感は増してるのでミドルテンポの暗めメロデスがお好きな方は聴いてみてはいかがか。


8. Indoctrinated←デスラッシュ好きは一聴の価値あり

ドーマント・ハート【初回限定盤CD DVD(日本語字幕付)/日本語解説書封入】

新品価格
¥2,863から
(2016/1/3 21:15時点)





テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2016/01/03(日) 21:15:48|
  2. Melodic Death
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

no.peco

Author:no.peco





こんな名前ですが、メタルに限らず購入したCDのレビューを書いていきます。
METAL/PUNK/HARDCORE/ALTERNATIVEが中心です。
とはいってもメロデス中心の生活です。
良メロのおススメ頂けるとうれしいです。
よろしくどうぞ。

殿堂入>名盤>良盤>普通盤>微妙盤>物置入
という感じです。

twitter:@metalboya




ハードロック・ヘヴィーメタル ブログランキングへ

タグリスト

カテゴリ

未分類 (0)
Extreme (2)
Easycore (2)
Metalcore (6)
Melodic Death (16)
Black Metal (1)
その他(レビュー以外の話題) (2)
リリース情報等 (1)
旧譜漁り (1)
Deathrash (2)
Viking Metal (1)
NU Metal (1)
Post Hardcore (2)
Thrash Metal (2)
POP (1)
Industrial Metal (1)
仏教Metal (1)
バンド紹介 (4)
Hardcore (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。