ヘヴィメタルは減速しない

購入したCDのレビュー書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[Metalcore]Heaven Shall Burn/Wanderer



アーティスト:Heaven Shall Burn
出身:Germany
ジャンル:Metalcore
レーベル:Century Media Records
発売:2016
hsb.jpg

1 The Loss Of Fury
2 Bring the War Home
3 Passage Of The Crane
4 They Shall Not Pass
5 Downshifter
6 Prey To God
7 Agent Orange
8 My Heart Is My Compass
9 Save Me
10 Corium
11 Exterminatuon Order
12 A River Of Crimson
13 The Cry Of Mankind

ジャーマンメタルコアHeaven Shall Burnの8th。三年ぶりのリリース。前作が素晴らしいメロディックメタルコアで、HSBここにあり、というのを見せてくれたのだけど、今回はさらにいいです。北欧メロデスのようなメロディがぐっと増え、それでいてHSB特有のグルーヴィー感はそのまま。疾走してるわけではなくずしっと来る作品になっています。初回限定でカバー集もついたバージョンもありましたが、びんぼっちゃまは通常版を買いました。

なにやら怪しいゆっくりとしたイントロで入る1 The Loss Of Fury。Marcusの咆哮はちっとも変わってない。

2 Bring the War HomeはこれぞHSBて感じのグルーヴィーメタルコアナンバー。ミドルテンポでありながらギターリフがメロディックでエッジー。めちゃくちゃかっこいい。

3 Passage Of The Craneも静かなイントロからのスクリーム。北欧譲りのメロディとジャーマンメタルコアの融合素晴らしい。

4 They Shall Not Passはインダスっぽいドラムをバックに展開するメロデスナンバー。そういえば今回からDrが変わってるんだけど違和感とか全くない。

デスラッシュぽい5 Downshifterはパリッとザクザク進む。北欧由来の成分多めのアルバムだけどハードコア感が感じられる曲です。

一番疾走感があるのは6 Prey To God。吐き捨てるようなVoに合わせてブチ切れ暴走。途中いったんビートを落としてミリタントぽくしてくるのがにくい。

7 My Heart Is My Compassはインストでそのまま8 Save Meに入る。荘厳なスロウなイントロからのメロデックメタルコア。この静から動への切り替えがHSBのいいところ。中盤のソロパートもメロい。この曲も全体的に、特にユニゾンのリフがいい。

9 Coriumはメランコリックなメロディがいい。そして抜群の刻み進行。たまらんです。

10 Exterminatuon Orderも疾走感のあるメタルコア/メロデス。Dr・Baが輝いてる。跳ねるような刻み方大好きです。

10とは逆にGtが引っ張るナンバー11 A River Of Crimson。泣きメロがたまらないです。多分一番メロディアスなパートを持ってる曲。

12 The Cry Of Mankindはピアノを入れた7分超えの大作ミドルナンバー。前作に近いスケール。

正直捨て曲がなくて意味わからん位よかったです。前作はスケールのでかさや音の分厚さといった壮大な傑作だったと思うのですが、それを個人的に上回ってる。メロディのフックがぐっと上がってわかりやすい。完璧ツボ抑えてっからね。土性沙羅の押さえ込みくらい抑えてる。

3rd4th,7th8th、、、全部名盤だからちくしょう!でも個人的にこれ最高傑作です。

[殿堂入]

Wanderer

新品価格
¥1,436から
(2016/9/27 18:15時点)





ハードロック・ヘヴィーメタル ブログランキングへ
↑ドリームスの最新回、ありゃねえだろと笑ってる方はお手数ですがこちらのクリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/27(火) 18:20:52|
  2. Metalcore
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[殿堂入]Hone Your Sense/ABSOLUTE SENSES

Hone Your Sense/ABSOLUTE SENSES



アーティスト:Hone Your Sense
アルバム:Absolute Senses
出身:Japan
ジャンル:Metalcore
レーベル:Garimpeiro Records
発売:2014

Absolute Senses

1. Black Lotus
2. The Last Man Standing
3. We Aim to Be the Same
4. This Chaotic World Is Over
5. New Faith
6. Break The Silence
7. Buster
8. Rebellion
9. Ray Of Light
10. Astrominer 3000
11. Dial 666
12. No One Can Stop My Wrath

東京のメタルコアバンドHone Your Senseの1st。

個人的に2014年シーズンMVPを授けたアルバムです。メロデスの流れを汲んだメロディックメタルコア。強力なリフワーク・高低のスクリームを器用に使い分けるVo,そしてどこか昭和感を感じさせるキャッチーでフックの効きまくったアレンジと、非常に完成度の高いメタルコアです。

一度なんだったかの来阪のときにみておったまげたんだよねえ、そのかっこよさに。そのときに印象に残ってたのは2. The Last Man Standing。この曲はずるい。このメロディは一度聴いたらなかなか忘れられない中毒性。ホントかっこいい曲ですが中毒になるので気をつけるように。

そして情けないことにぼくは後から知ったのだけど、WACKEN Open Airへの出演権を争うコンテストMetal Battle Japanで優勝してるんだから、そりゃかっこいいはずだわ。

明らかにIN FLAMESやAt the Gatesとかのメロデスの影響を受けてるけどそれだけじゃないのがこのバンドのすごいとこ。1. Black Lotusとかで見せるくどくない範囲でのブレイクダウンや、ブラダリよろしくのブチ切れスクリーム。
3. We Aim to Be the SameとかはAnteriorとかAs I Lay Dyingとかのメロディックメタルコア風だし、そもそも演奏がめちゃめちゃテクニカルで引き出しが多い、千と千尋に出てくる引き出しくらい多い。

そして後半のギターのキレキレ感ね。全体的に弾きまくってるが、後半四曲くらいは泣きパートも入れて弾きまくるよ。11. Dial 666の間奏の泣きいいねえ。タイトル、515じゃないよ666だよ。もう曲の感じわかったね。

でもやっぱ聴いて欲しいのはThe Last Man Standingかなあ。これは病み付きです



全メロディックメタルコアラーは必聴の名盤だと思います。次のアルバムでここからどう進化するのかも今から楽しみですってかもう2年ほど楽しみにしてます。

ABSOLUTE SENSES

新品価格
¥1,854から
(2016/1/9 00:56時点)


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2016/01/09(土) 11:00:00|
  2. Metalcore
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[名盤]Each Of The Days/REBEL City

Each Of The Days/REBEL City



アーティスト:Each Of The Days
アルバム:Rebel City
出身:Japan
ジャンル:Metalcore
レーベル:Howling Bull
発売:2015
eotd.jpg

1. Open The Hell's Gate
2. The Wolf Of Revenge
3. ZOMBIE EYE
4. Remains
5. JOKER
6. ANCHOR
7. Billy Doll
8. Dead Motel 6
9. Romeo is Bleeding
10. Blink Morse Code

名古屋のメタルコアバンドEach OF The Daysの四年ぶりとなる2nd。Vo,Gt,Ba,Dr,Perの五人編成。前作Sweet Carionも完成度が高くて、UNEARTHのレーベルから全米デビューもしたんだよね。メタルコアをベースに、ブレイクダウンでがっつり落すスタイルで、強弱のバランスがとてもよかったアルバムでした。

その後はDrのメンバーチェンジやツアー中の事故などが重なり、今回やっと2ndリリース。時期的にもCrossfaithらの台頭と重なってたような印象があって、ちょっと運のなさを感じておりました。とはいうものの、個人的にはEOTDはずっと動向を気にしていたバンドなので素直にこのリリースはうれしい。

さて今作リリース前にDrが脱退。女性Drだったことで印象に残ってたのだけども、女性とは思えぬパワフルなドラミングだったので、今回はどうなるのかと、ともかく聴いてみた。
うん、今回も1stのときのような高速ツーバスは継続されている。それどころかさらに力強さが増している気さえする。
そしてなによりもVoの声が一回り太くなっている。もともとグロウルには迫力ある声だったけど、クリーンパートがたまに弱かったイメージだったのだけど、今回はクリーンもしっかり歌えててめちゃかっこいい。

あと、リリックビデオが先行で2. The Wolf Of Revengeが出てたのだけど、これ聴いて「ああ今回も落としていくスタイルなのかな、いいねいいね」っておもったんやけど全然違う。違うというか、ダウンビートもあるのだけど、メロさがかなりパワーアップしてる。6. ANCHORのAs I Lay Dying風のエッジの利いたリフなんてたまらん。一番メロくない曲でMVだしたのかなって思えるくらい。

9. Romeo is Bleedingなんかはアコースティックや癖のある歌いかた、変拍子で耳に残る曲。これ好き。

露骨なデジタルサウンドを用いたりせず、あくまでも王道メタルコアで勝負してくるバンドと思う。メロディックメタルコア好きな人にはおススメです。似た系統の曲は多いような気もするけど、僕はあまり気になりませんでした。1stのScarfaceみたいなキラーチューンはなくとも、どの曲も触りがよくて残る。かなりの良作だと思う。

このアルバムレビュー日本最速狙ってんけどどうかな。


EACH OF THE DAYS/Rebel City 【CD】

価格:2,484円
(2015/12/15 22:05時点)
感想(0件)


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2015/12/15(火) 22:08:16|
  2. Metalcore
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[名盤]Bullet For My Valentine/Venom

Bullet For My Valentine/Venom



アーティスト:Bullet For My Valentine
アルバム:Venom
出身:UK
レーベル:RCA Records
発売:2015
b4mv.jpg

1. V
2. No Way Out
3. Army Of Noise
4. Worthless
5. You Want A Battle? (Here's A War)
6. Broken
7. Venom
8. The Harder The Heart (The Harder It Breaks)
9. Skin
10. Hell Or High Water
11. Pariah
12. Playing God *
13. Run For Your Life *
14. In Loving Memory" (Demo Version) *
15. Raising Hell *

Walesの雄、Bullet For My Valentineの5th。
前作でメタルバンド殺しことギルモアさんにぎったぎたにされたB4MV。コマーシャルになり攻撃性も大きく下がってしまった前作で、このバンドを見限ってしまった人も多いはず。裾野は広がったということで逆に認知度は上がったのかもしれないが、今作発表前には、バンドも攻撃的に行きたい、などと発言していたことからも、あんまり気に入ってなかったぽい。

今回のアルバムでは、プロデューサーを初期を担当してた人に戻してのお送り。それでもこの前のことがあるから、過度な期待は持たずにいたのだけど・・・


めっちゃいいじゃん!!


Voのマットが「イントロから惹きつけたい」と発言してたみたいだけど、本当にそのとおりの楽曲が多くてこまる。2ndあたりを髣髴とさせるようなシャウトからの入りの2. No Way Outとか、ピロピロさせてからのブレイクダウンに持ち込んでいく8. The Harder The Heart (The Harder It Breaks)とか、これはまさに初めてこのバンドを聴いて感じた高揚感に似ている!

そのマットも、声に力強さが出てて、喉を壊す前に戻ったよう。ここが大きいように感じる。この声の復調というか進化が、メタリックな男臭い曲調にマッチしてる。

スピード感や攻撃性は前作とは比べ物にならないくらいに向上、3rdよりも厚い音に仕上がってるのではないかなと。

いやはや、もう半分くらい期待してなかっただけにびっくりした。とても気に入ってます。でも次回はこれを上回るくらいの大作を期待したいので名盤でお願いします。気に入り具合は今年一番です。
オズフェス来日の後、また来日が決定してるみたいですし、久々に観に行こうかな。

【輸入盤】ヴェノム(デラックス) [ Bullet For My Valentine ]

価格:2,241円
(2015/12/15 14:03時点)
感想(0件)


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2015/12/13(日) 23:42:05|
  2. Metalcore
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[良盤]Vultures/AxeWound

AXEWOUND.jpg

アーティスト:AxeWound
アルバム:Vultures
出身:-
レーベル:SMJ
発売:12/10/3
購入:12/10/27
購入場所:HMV八尾

Bullet For My ValentineのMatt Tuck(Gt/Vo),CANCER BATSのLiam Cormier(Vo),GLAMOUR OF THE KILLのMike Kingswood(Gt),RISE TO REMAINのJoe Copcutt(Ba),元PITCHSHIFTERのJason Bowld(Dr)というスーパー豪華な面子によるマットのサイドプロジェクトバンドのデビュー盤。♯1にはAVENGED SEVENFOLDのSynyster Gates(Gt)も参加してます。

音はメタルコアに近いですが、個性があって独特な印象。
Liamが歌うとみんなCancer Batsに聞こえるんだろうな、という僕の懸念を見事に吹き飛ばしてくれました。CBほどハードコアによらず、というよりもスラッシーにいったり、激重ブレイクダウン入れたり、メロディアスに攻めたりと、かなり幅広い音楽を「実験」してるような感じですかね。

ただこのバンドの肝はDrです。間違いなく。手数が半端じゃなく多く、インダス特有のリズム。上手いっすめちゃめちゃ。存在感抜群で、彼の存在がこのバンドをBFMVともCBとも違うバンドにしてるような気がします。

♯6あたりはBFMVファン好みかも知れませんが、全体的に彼らほどの疾走感やメロディアス感はなく、骨太な感じですので、どっちかといえばCBファンのほうが気に入る一枚かも知れません。とはいえ、なんやかんやで捨て曲少ないです。あくまで個人的ですが、マットは歌わずにGt専念でもいいんじゃないかなあとも思いました。のどは大事にしてくれ^^

お勧め
#1 Vultures Drがしびれます!
Vultures

#9 Blood Money And Lies これはハードコア寄り!メロディアスなとこもあってBFMV好きにお勧め◎
Blood Money And Lies

先日はBFMVも新曲公開してましたね。マット君大忙しですなあ^^こっちも楽しみに待ちましょう。個人的にpoisonが好きです。
かしこ。
  1. 2012/10/29(月) 03:18:46|
  2. Metalcore
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

no.peco

Author:no.peco





こんな名前ですが、メタルに限らず購入したCDのレビューを書いていきます。
METAL/PUNK/HARDCORE/ALTERNATIVEが中心です。
とはいってもメロデス中心の生活です。
良メロのおススメ頂けるとうれしいです。
よろしくどうぞ。

殿堂入>名盤>良盤>普通盤>微妙盤>物置入
という感じです。

twitter:@metalboya




ハードロック・ヘヴィーメタル ブログランキングへ

タグリスト

カテゴリ

未分類 (0)
Extreme (2)
Easycore (2)
Metalcore (6)
Melodic Death (16)
Black Metal (1)
その他(レビュー以外の話題) (2)
リリース情報等 (1)
旧譜漁り (1)
Deathrash (2)
Viking Metal (1)
NU Metal (1)
Post Hardcore (2)
Thrash Metal (2)
POP (1)
Industrial Metal (1)
仏教Metal (1)
バンド紹介 (4)
Hardcore (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。